FC2ブログ

司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の抱負は「感謝を忘れない」

皆様、明けましておめでとうございます
鎌田幸子司法書士事務所を今年もよろしくお願いします。

さて、昨日4日から仕事始めでした。
新年、最初のお仕事は年賀状の整理から・・・。
毎年、年末年始は年賀状に追われている気がします。

毎年、1月上旬は仕事が緩やかなので、大体は溜まっていた事務作業をやっています。
今年は、去年一年をかけて書類のスキャンを事務員さんにしてもらったので、その最終チェックをしています。
これまではずっと紙ベースで保管していたのですが、段ボールが増える一方だったので
もっと早くから着手すべきでした・・・。
PDF化って思ったより時間がかかるのです
開業したときから始めていたらどんなに楽だったか・・・。
でも、4年目でこの事実に気づいてまだ良かったかもしれません。(今年は前向きに考えていこうと思っています。)

今日は、債務整理関係の資料をチェックしていましたが、
開業して4年半。色々なお客様と関わってきたのだなぁと感慨深く眺めていました。
十人十色というか、人それぞれの事情があり、債務整理は他の業務に比べると様々な方の人生に触れることができる業務だと思います。
途中で消息不明になったり、約束を守っていただけなかった方もいたり、時にはストレスに感じることも多々ありましたが・・・。
今になって思い返すと、良い人生勉強をさせてもらったと思っています。
やり取りの中でお客様からお手紙をいただくことがあるのですが、そのお手紙を読み返していると、じーんとくるものがあります。
開業したころは20代で、今よりもっと未熟で頼りなかった私に任せてくれたこと。
至らない点が多く、ご迷惑をおかけしたり、不快な気持ちにさせてしまったこともあったと思います。
それでも最後に「ありがとう」と言ってくれたこと。
そのことを忘れてはいけないと肝に銘じるとともに、
今の私があるのは、そのころのお客様あってのことだと深く感謝しています。
ありがとうを言うべきは私の方です。
経験をさせてもらえなければ、単なる資格を持っている人に過ぎません。
せっかくの資格を活かすこともできませんでした。

ということで、何か新年早々感傷的な気持ちになりましたが、
今年は(も)、「感謝の気持ちを忘れない」というのを新年の抱負にしたいと思います。
漠然とした思いですが、開業したころに思っていたその気持ちを忘れずにいられれば、これからも大丈夫な気がして・・・。
あと、直近の目標は、1日1箱!!(PDF化の作業)
あと、ゴルフで100切りたい。(無理かも・・・)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。