司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金にならないことはやらない人

司法書士にも司法書士会や所属する団体の会務があります。
専属の事務局の方々はいますが、大部分は司法書士自身が様々な部署に所属して会の運営をおこなっていきます。
会務の日当は出ますが、従事内容やかかる時間を考えると大体がボランティアに近い感じはあります(無償ではないのでボランティアではありません)。

私も独立してから様々な会務に携わってきていますが、
会務への携わり方や姿勢で、本性というか、その人がどういった人かが分かって面白いなーと感じています。

会務は強制ではないので、やらない人は全くやらないし、委員や係になっているにも関わらず全く責任を果たさない人もいます。
1回も会議に出席しない人とか、何かと理由をつけて休む人とか、メールを全く返してこない人とか。
会務をさぼったって、誰かから怒られるわけでもないし、罰金を取られるわけでもありません。生活に困るわけでもありません。
だからといって、無断で休んだり、ドタキャンしてもいいということにはならないと思うのですが。
要は、お金にならないことにはいいかげんなんでしょうね。
たぶん、その人達も司法書士の仕事に対しては一生懸命なんだと思うんです。
時間も守るし、ドタキャンもしないし、連絡もまめにしていると思うんです。きっと。
それが、仕事以外だと途端にいいかげんになるのが不思議でなりません。

あと、仕事を理由に、当日になって欠席するのも理解ができません。
勉強会や研修であれば、自分が損をするだけかもしれませんが、
会務や委員の仕事は、誰かがやならければしわ寄せは自分以外の人にいくわけです。
もともと会務が入っているのは分かっているのに、当日になって「仕事が入ったので行けなくなりました」というのが、自分的には不思議に思います。
「会務=どうでもいいこと、仕事=何が何でも優先すべきこと」
という図式だと思うのですが、会員の会費から日当が出されているのだから、会務だって立派な仕事です。
先約は守るべきだし、自分の与えられた責任はしっかり果たすべきだと思います。

HPで「困っている人の味方です」的な立派なことを書いている人に限って、上記のような人が多いので、その人の本性が知りたければ会務への姿勢を見ると良いということが段々分かってきました。
私もお客様としてその人達と出会っていたら、きっとこんな風には思わなかったのでしょうけど。
逆に、裏方をしっかりやる人は心から信頼できます。
お客様に対しても誠心誠意向き合っていると思うからです。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。