司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ消失事件(その1)

先日、事務所始まって以来の大事件がありました。
色々なデータを保存しているバッファロー社のリンクステーションが壊れました。
つまり、色々なデータを失ってしまったというわけです・・・。
買ってからそんなに経ってないのに・・・。

忘れもしない金曜日の午後です。
危機感が薄かった私は、とりあえずバッファロー社に電話して、あーだこーだとやり取りをしていたわけです。
そして分かったことは、リンクステーションは修理することはできるがHDを取り換えることになるため、データは戻らない。データを戻したいなら、データ復旧会社に頼むしかない。
ガーーーーーン ですよ。本当に。目の前が真っ暗になりましたもの。
データ復旧って時間がかかるうえに、費用もバカ高いイメージがしかなかったですし。
急いで、データ復旧会社を検索したのですが、あせって探したのが大きな間違いでした。
ええ、私、バカな選択をしました。
よりにもよって悪徳会社にひっかかりそうになりました。
SEOと人件費にお金をかけている会社には要注意というのは十分に分かっていたはずなのに。


検索して一番上に出た某T社。
※イニシャルは変えてますが、検索するとトップに出てくる会社です。
HPを見る限りは大きな会社で、信頼できそうに思えました。
電話応対も非常に良いです。
すぐに予約確認のメールが届きましたし、その日のうちに来社すれば見積りも出してくれるとのこと。
今思えば、HPからも怪しい点は多々あったのですけどね。その時は良いところしか見えてなかった。
取引実績にやたら有名な会社を並べていたりとか、世界の最先端技術を集結とか大きなことを書いていたりとか。

とにかく不安でいっぱいだった私は金曜の夜にT社を訪れました。
行ってみてビックリ。
T社は銀座の一等地にあり、応接室はきらびやかで豪華な部屋(高級クラブのような)。
しばらくすると、白衣を着た担当者に案内され、実際のデータ復旧の流れを案内してくれました。
ロッカーに全ての荷物を預け、ガードマンがいる金属探知機のゲート(あの空港にあるゲートのような)をくぐります。
なんと、金属は一切ダメとのことでベルトも外さなければいけません。
広い社内に100人くらいはいるであろう従業員の方々(今思えば、ほぼ電話オペレーターの方達だった気がします)。
横を通り過ぎるたびに、社員の方たちが作業を止め、いらっしゃいませとご挨拶をしてくれます。
ようやくデータ復旧をしている作業員の方の様子を見ることができたのですが、実際に作業しているのはわずか数人。しかも全員お若い方達ばかり。
この時から、私の中で「ああ、この会社はぼったくり会社だ」と確信に変わりました。
これだけの人件費と家賃を補うには、料金が高くなくてはまず無理。
たくさん依頼を受けているなら、この作業員の人数でまわすのは絶対に無理。
やたら設備にお金をかけすぎてる会社は、見栄と自己満足なだけでお客様のことを考えていないというのが私の考えですが、それにピッタリ当てはまる会社です。

その後応接室に戻ってから、私と悪徳会社の攻防が続くわけですが、それはまた後日に。
興味ない人にとってはどうでもいい話なのに、続かせてすみません・・・。
ですが、いざという時に私のように時間を無駄にしないように、少しでもお役にたてれば幸いと思います。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。