FC2ブログ

司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生がときめく片づけの魔法



私、もともと捨てれる派なので、片づけられなくて困るということはあまりないのですが、物って自然と増えていきますよね・・・。
買い物が好きというのもあるのですが、中でも服は油断するあっという間にクローゼットがいっぱいになってしまいます。
マイルールとして、ハンガーの数を決めていて、かけられなければ1つ服を捨てるという方法を取っています。
買う時に試着は念入りにするので、衝動買いということもほぼありません。
それでも、クローゼットがぱんぱんになることがありまして・・・。
むしろ、無駄なものを一切買わないようにしたいと思って、気になっていたこの本を読んでみました。

「ときめく」かどうかを基準に捨てるという発想。
これ、素晴らしいですね。
この基準で買い物をすると、本当に好きなものだけが残っていくので、クローゼットが宝の山のように思えてきました。
服を買う時、よくありがちなのが、「この形・色は使えるだろう」「安いしとりあえず」「いつか着るかも」で買っちゃうこと。
そして、1回着ただけ、または1回も着ることなくゴミになっていくあの悲しさ・・・。
ときめくか、明日着たいかどうかを考えるだけで、買うかどうかの判断ができるようになりました。
明日着たいと思わなければ、一生着ようとは思わないんですよ。きっと。
今までこの手の発想であったのは、「手持ちの服にあうかどうかシミュレーションしてから買う」とか「すぐに決めないで日を置いてそれでも欲しければ買う」とかでしたけど、面倒くさいです。そんなの。
服を見てときめくかどうか。
それだけを基準に、冬のセールも乗り切りました。

まさに「ときめく」の魔法にかかった気分です。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。