FC2ブログ

司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライアーゲーム マイベスト3

ライアーゲームという漫画が大好きだということは語りつくしましたが(昨日の記事)、
ライアーゲームに出てくる様々なゲームの中で、マイベスト3を発表したいと思います。
単に自分が好きかどうかが基準ですけど。

1位 リストラゲーム(敗者復活戦)
 参加者は次のゲームに進めてあげたいという人に投票し、一番票がない人が敗者となるゲーム。
 投票権は各回5票あり、10回おこなわれる。自分には投票できないというルール。
 こんな勝ち方があるんだ!という驚きと、騙されて大負けしていた直(主人公)が一気にゲームを支配してしまう秋山の策が見事です。あと、秋山さんのSっぷりも見事です。
 ラストで、直ちゃんがライアーゲームの本当の意味での必勝法ともいうべき核心にせまる発言をするのですが、初めて読んだときにその考えが素晴らしくて、とても印象に残っています。

2位 24連装ロシアンルーレット(敗者復活戦その2)
 1対1の勝負。対戦者:福永VSニシダ
 それぞれ好きな位置に3か所弾をこめることができ、当った数の多い人が負け。
 パスは3回まで選択できるが、パスが最後まで続くと流れとなり、事務局にお金がわたってしまうというルール。
 ロシアンルーレットって完全に運のゲームだと思っていましたが、福永(原作ではニューハーフ)の相手を翻弄する駆け引きが見事で、これぞ心理戦という感じがしました。
 原作の福永は女装しているので、かっこいいという表現が当てはまるか分かりませんが、このゲームのフクナガは文句なしにかっこいいと思います。

3位 17ポーカー(敗者復活戦その2)
 1対1の勝負。対戦者:秋山VSキクチ
 ルールはポーカーと同様で、違うのはJQKAの各種4枚とジョーカーの17枚を使用する点。
 元ボクサーのキクチが動体視力を駆使して、ジョーカーの位置を把握し、ゲームを掌握するのですが、そこからの秋山の華麗なる大逆転劇がかっこいい。それにつきます。
 シャッフルしたカード17枚のすべての位置をつきとめた頭脳。もう、すごいの一言です。
 あと、ポーカーってもともと駆け引きのゲームだと思ってましたが、17枚に限定するだけでこんなにも別の戦略を必要とするゲームに変わったことが、おもしろいなーと思いました。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。