司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なってみないと分からないこと

先週、足をねんざしました・・・。
別に酔っていたわけでも雪で滑ったわけでもありません。
段差に気が付かなくて、変な方向に足をひねってしまったのです。まるで産まれたての仔馬のように。

しばらくの間、片足を引きずりながら歩いています。
そうなってみて思うことは、東京の歩道って歩きづらい。
段差も多いし、坂も多いし、
トロトロ歩いていると信号があっという間に赤になるし、
自転車にもぶつかられそうになります。通り過ぎるとき、舌打ちされます(涙)
通勤電車も足に負担がかかります。満員電車で足ふまれるとつらい(涙)
足が悪い人にとっては、ちょっとした移動をするだけでこんなに気を使うんですね。

そして、こういう時に限って、いつもより歩かなければならないことが予定に入ってきてしまいます。
ねんざしているから延ばしてほしいとは言えず・・・。
動く歩道が東京中にできればいいのに。
というより、どこでもドアがあればいいのに。
こんな寒い日が続くと、ついこんなことを夢見てしまいます。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。