司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Category [独立開業のこと ] 記事一覧

スポンサーサイト

今年で10年目

独立開業してから、先月で9年が経ち、10年目に入りました。開業したころは、10年というと、とても長い年月のように感じましたが、過ぎてみるとあっと言う間でした。最初の2~3年は一日一日が長く感じたものですが、4年目以降は、「あれもうお正月?」みたいな感覚で、光陰矢のごとしです。この9年の間に、事務所も2度移転しましたし、補助者も入れ替わりがありました。開業して良かったと思うこともたくさんありましたが、夢でう...

言い訳をする人は・・・

うちのような事務所でも事務員さんを雇うようになって5年が経ちました。5年の間に何人か人が入れ替わったわけですが、人を雇うということはとても大きな投資であるということをつくづく実感しました。人を育てても辞めてしまうと、また一から育てなければなりません。その繰り返しなわけです。事務所のニーズに合った人に長く働いてもらうことが一番いいのですが、実際に一緒に働いてみないと分からないことも多く、本当に人って...

プロフィール写真を撮りました

事務所HPのプロフィール写真をいいかげん変えようと思って、池袋のフォトスタジオアペックスで撮ってもらいました。フルメイク・ヘアセットで10,500円なり。カメラマンさんからの指示で、複数のポーズで表情を変えたり、向きを変えたりして何枚も撮っていきます。ポーズはカメラマンさんからアドバイスをもらえるし、表情も少しずつ変えていくので無理に笑わなくても大丈夫でした。それらをデータでもらえるので、たくさん...

人を雇う理由

会社法が施行されてから、会社を1人で始めるケースが多いですが、司法書士事務所も1人だけの事務所は意外と多いです。特に、オンライン申請が進んでからは、補助者を雇って法務局に申請に行ったり、完了書類を取りに行くということも無くなりましたから。※司法書士業界では、事務員のことを「補助者」と言います。済ませようと思えば、1人で事足りるのです。時間さえ犠牲にすれば。補助者を雇ったからといって、仕事が2倍速で...

マンションで良かったこと

今年の1月末に移ってきた今の事務所は、マンションの一室を利用しています。といっても、会社使用の部屋が多く、居住している個人の方がどれくらいいるのか分かりません。当初、以前の事務所が商業ビルだったこともあり、マンションタイプは視野に入れていませんでした。マンションは家に招くような感じがあり、お客様と打合せをするには窮屈に感じるような気がしてなんとなく嫌だったのです。しかし、ビル建替えにともない立退き...

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。