司法書士鎌田幸子のブログ

28歳のときに独立開業した女性司法書士の日々をつづっています。東京都品川区西五反田より気の向くままに、仕事のこと、お気に入りのもの、おいしいものなど書いていきます。

Entries

今年で10年目

独立開業してから、先月で9年が経ち、10年目に入りました。
開業したころは、10年というと、とても長い年月のように感じましたが、過ぎてみるとあっと言う間でした。
最初の2~3年は一日一日が長く感じたものですが、4年目以降は、「あれもうお正月?」みたいな感覚で、光陰矢のごとしです。
この9年の間に、事務所も2度移転しましたし、補助者も入れ替わりがありました。
開業して良かったと思うこともたくさんありましたが、夢でうなされるくらい心臓がつかまれてしまうようなピンチもありました。
全く変化がないわけでもないのに、月日が経つのは本当に早いものです。

開業したころは、初めてのことが多くて、いちいち悩んでばかりいました。
果たしてお客様は満足して下さるのか、お客様に嫌われたらどうしよう、私に頼んでがっかりしたと思われたらどうしよう、とか。
365日休みなく働いて、体も心も常に緊張状態にいるような感覚でしたけど、あの頃はあの頃で楽しかったと思います。
全てに一生懸命に取り組めていた気がして。
私だったらこうしてくれたら嬉しい、と思う気持ちがある限り頑張れる気がしました。
その思いだけで独立したようなものですが、
独立開業して本当に良かったと、あの頃の決断は間違っていなかったと、今は心からそう思います。

10周年の今年、何か特別なことをするわけではないですが、
これまで司法書士を続けてこれたことに感謝をして、
また10年後に同じように感謝できるように、初心を忘れず頑張っていきたいと思います。



相続登記のしかたがよくわかる本
★★本を出版しました★★
ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本
ソーテック社 1,706円
※タイトルをクリックすると、アマゾンのページに移動します。
スポンサーサイト

アロマに癒されて

私、蓄膿症で鼻がつまっているくせに、においに敏感で、アロマが大好きです。
好きな香りに包まれていたい気持ちが強く、事務所にも芳香剤は置いていますし、家ではアロマテラピーを楽しんでいます。

↓お気に入りのアロマポッド
アロマポッド
ネットで適当に買ったものですが、このアロマポッドは、量といい、形といい、ちょうどいいんです。
アロマポッドは、下の穴が開いている方のところにキャンドルで火を焚きます。
そして、上のビーカーのような入れ物に水を張ってアロマオイルを5滴くらいたらして、蒸発することで、香りが充満します。
中途半端なアロマポッドだと、キャンドルが無くなるころには水が無くなって焦げてしまったりと、安全面で不安があるのですが、これだと大丈夫!
うたた寝しても安心です。

↓寝室用のアロマランプ
アロマランプ
寝室では火は使いたくないので、電気の熱で蒸発するタイプのアロマランプを使用しています。
ランプの上側が少しへこんでいて、ここにアロマオイルを数滴たらします。
形もナチュラルで、インテリアにも合うし、これも大のお気に入りです。
「生活の木」で販売されています。

↓アユーラの「ナイトハーモネーションアロマオイル」
ナイトハーモネーション
お気に入りのアロマオイルです。
これは、アユーラから出ている、夜ぐっすり眠れる用に作られたオイルです。
アロマティックハーブと乳香(にゅうこう)・菩提樹(ぼだいじゅ)・橙(だいだい)のブレンドで、
和の香りが入っているからか、心から安らげる香りです。
アユーラの香りものは大好きで、アロマオイルも全種類持ってますし、入浴剤も使っています。
香が長時間続き、しっかりと香りが広がるので、大のお気に入りです。
このアロマを焚いてから寝ると、ぐっすり眠れる気がします。



相続登記のしかたがよくわかる本
★★本を出版しました★★
ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本
ソーテック社 1,706円
※タイトルをクリックすると、アマゾンのページに移動します。

映画 ONE PIECE FILM GOLD 観てきました!3Dで。

心待ちにしていたワンピースの映画が公開になったので、早速、観てきました!!


映画は、カジノが舞台なので、リゾート感があって、夏にぴったりの映画だと思います。

仲間というお金では買えない無二の存在がこの映画のテーマだと思うのですが、観終わった後は心がスッキリする、息抜きにはぴったりの映画でした。


仕事の息抜きに、たまに映画を観に行くのですが、やっぱり映画館で観るのはいいですね。

たぶん、2時間なり、映画を観ることだけに集中できるからだと思います。

家でDVDで観ると、リラックスしながら自分のペースで観ることはできるのですが、

つい、止めて色々なことをしながら観てしまったりするので、あまり感動は感じにくいかもしれません。

それに比べ、映画館だと、宅急便の人が来ることもなく、電話に出ることもなく、誰にも邪魔されることなく、ただただ映画を観ることができますからね。


ワンピースの映画、とっても楽しかったです!

トランプ

↑トランプがもらえました。ジョーカーのイラストが描きおろしとのこと。

もったいなくて、使えません・・・。


ワンピースといえば、私にとっては、司法書士の受験時代の思い出の一つです。

受験時代、勉強に専念しなければならないところ、

現実逃避したい一心で、ワンピースのアニメをDVDで1巻から観始めたのです。

何故かは分かりませんが、「そうだ!ワンピースを観よう!」みたいな気持ちで、観始め、

毎日ツタヤで2巻ペースで借りて来ては観る、という何とも堕落した生活を1カ月ほど送っていました。

息抜きでおさまるレベルではなかったのですが、どんどん、はまっていって、

チョッパーが初登場する冬島編では、アニメでここまで泣いたことはないくらいに号泣しました。

アラバスタ編が終わるところまで観たところでひと段落して、

いっぱい泣いたので、とてもスッキリとした気持ちで、その後の受験勉強を進めることができました。

ワンピースに出てくるキャラクター全員が強いわけではなくて、でも、それぞれが自分のできることをやろうというスタンスが、当時の私には斬新に思えました。

完全にはできなくても自分のできる範囲で頑張ればいいんだ、みたいな勇気をもらえた気がします。


今思うと、受験勉強を頑張れたのも、ワンピースのおかげかも・・・。

時には、逃げることになっても、いったん立ち止まって別の世界を見ることで、客観的に物事を見ることができるようになるのではないかと。

ただただ同じことの繰り返しだと、モチベーションを維持するのも難しいですしね。

思い切って遊んでみることも大事だったんだと思います(その後、司法書士試験に受かったから何とでも言えるのですけど・・・)。



相続登記のしかたがよくわかる本

山のホテル滞在記 その2 カフェ編

息抜きに行ってきた芦ノ湖の「山のホテル」ですが、散歩や食事以外はもっぱら仕事してました。
1日目の着いて早々、ホテルの別館のデザートレストラン「サロン・ド・テ ロザージュ」に行きました。
このデザートレストランは、芦ノ湖にせり出すように建っていて、中からは芦ノ湖を一望できます。

n9.jpg 



↑サロン・ド・テ ロザージュ外観

366.jpg

↑スコーンセットを注文しました。
左から、紅茶のスコーン・プレーンスコーン・ドライトマトのスコーン。
紅茶のスコーンは少し甘みがあり、ドライトマトは若干塩気があってオリーブオイルに合いました。
私、スコーンが大好きなんです。あまり人から共感を得られませんが。
やっぱり紅茶にはスコーンが一番!
スコーンは口の中の水分を吸い取ってパサパサになるから苦手という人がいますが、それがいいんです!
紅茶が進みますもの。

ここのカフェでは、本を何冊か持ち込んで読んでいたのですが、
ふと外を見ると芦ノ湖、テーブルには大好きなスコーン&紅茶。
読書が進みました。

このカフェの上にはショップがあって、たくさんの種類の紅茶と、ジャムやコーヒー等が販売されています。
紅茶ポットの上にかぶせていたティーコゼが気になっていたのですが、ショップで発見!
しかも、ずっと探していた巾着型のものが売られていたので、迷わずゲットしました。
ポットにかぶせるとこんな感じ↓  そのまま紅茶を注ぐことができるのです!
2016062017030000.jpg

レストランの少し先には、ホテルの桟橋があります(宿泊者のみ立ち入り可)。
この桟橋、芦ノ湖に30メートルくらいに渡ってあるのですが、けっこう怖かったです。
思えば、私、吊り橋が苦手でした・・・。風で揺れる感じが恐怖で、落ちたら死んでしまう感がすごくて足がすくんでしまうのです。
勇気を出して桟橋の先まで行ってみました。目の前が芦ノ湖。。。
n13.jpg n7.jpg 367.jpg n12.jpg

↓桟橋から見た山のホテル。遠くに見える建物がホテルです。
n11.jpg

ホテルのラウンジでもお茶できたのですが、やっぱりデザートレストランに行ってよかったです。
芦ノ湖を間近で見られて、非日常感を感じられましたし。
仕事もはかどりました。


☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します

山のホテル滞在記 その1 しゃくなげ編

先週息抜きに行ってきた、芦ノ湖の「山のホテル」。
お庭が広いとうかがって、珍しく朝の散歩をしてみました。
お庭にはつつじ・しゃくなげ園があって、残念ながら見頃を過ぎてしまっていたのですが
それでも、しゃくなげは思わず写真を何枚も撮るくらい綺麗でした。

s21.jpg s20.jpg s19.jpg s18.jpg s14.jpg s12.jpg s11.jpg s10.jpg

ピンク系を並べてみました。
ピンクといえど、色々な色合いがあって、それぞれ種類によって花びらの付き方も違うのです。

s9.jpg s16.jpg

白系はこんな感じ。
ピンクも可愛くて素敵ですが、白のしゃくなげは清楚な感じで素敵です。

s5.jpg s1.jpg s3.jpg s5.jpg s7.jpg s6.jpg s17.jpg

他にもこんな感じで色とりどりのシャクナゲがありました。
どの色も可憐で華やかで素敵ですね。

しゃくなげ園のお庭は、遠くから見ると西洋風の造りになっていて、かわいらしい感じです。
n4.jpg  n.jpg 

こういう芝を見ると、アプローチの練習がしたくなる。。。
芝=ゴルフのイメージです。

お庭には他にも様々な草木・花があり、いつまでいても飽きないくらい素晴らしいお庭でした。
n3.jpg n2.jpg








☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します

第2126回「家での服装は?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の栗山です。今日のテーマは「家での服装は?」です。梅雨ですね雨降ったら家でダラダラしたくなりますまあ、雨が降っていなくてもダラダラしたいところですが家でどんな格好ですか?私はユ◯クロのルームウェアです。だらしないことに、パジャマと兼用です。みなさんは家でどんな服装ですか?たくさんの回答、お待ちしております。トラックバックテーマで使っている絵文字はFC2アイ...
FC2 トラックバックテーマ:「家での服装は?」



このブログのトラックバックテーマに「家での服装は?」があったので、今日はこのテーマでブログを書きたいと思います。

先日読んだ「フランス人は10着しか服を持たない」の中で、
著者のホームステイ先のフランス人一家は、完璧な身だしなみできちんとした装いに包まれている素敵な家族であった
彼らはいつも他の誰かのためにではなく、自分自身のためにおしゃれをしていた
と書かれてありました。
家の中であろうと朝であろうと、スウェットやパジャマ姿でうろうろとしているところを見たことがない、と。

これを読んだとき、私が今まで何度も思ってきた疑問がうかびました。
家の中で楽な格好をしなくて、いつ、くつろぐのだろうか。
家事などをするときに動きづらいし、窮屈ではないのだろうか。
つまり、何故ルームウェアに着替えないのだろうか? というルームウェア必要論です。

私は、家の中ではルームウェアに着替えます。
理由は2つで、
仕事と家とのメリハリをつけたいのと、
しわになるからです。

といっても、私もスウェットやジャージは着ません。
タオル地やコットン100%のワンピースだったり、チュニックだったり、割ときちんとしたものを着ている方だと思います。
でも、外出着(特に仕事着)とは、はっきりと分けています。
そして、外出着の使い古したものをルームウェアにまわすということもありません。
パジャマと兼用ということもありません。
ルームウェアはルームウェアとして、ちゃんと新品を買いますし、パジャマはパジャマとしてちゃんとしたものを買います。
それも、外出着と変わらないような値段のものを。
ルームウェアはルームウェアとしての役割があり、その用途として作られたものであるので、それなりのお金を払って買うことに疑問を持ったことは一度もありませんでした。

でも、世の中にはルームウェアというものを着ない、というか持っていない、ルームウェア不要派の方々もいらっしゃいますよね。
友人・知人でも不要派の人はいっぱいいましたし、なんで着替えないのか尋ねると「ルームウェアって必要??」ときまって言われました。
お客様のお宅にうかがっても外出着のままの割合が多かったです。
あくまで私個人の統計によると、ルームウェア不要派の方が多いように感じます。
実は私の両親も不要派です。ルームウェアというものを持ってません。
そのような家庭で育ちましたが、私は子供のころから家に帰るとすぐに部屋着に着替えていました。

ずっと、何故、世の中の人はルームウェアという素晴らしく快適なものがあるのに着替えないんだろう??と思ってきましたが、
その答えが先日見つかりました。
ルームウェア必要論を私が人に話していたところ、
私 「ルームウェアを着ないなら、ソファーに横になるときどうしてるの?しわになるのに。」
相手 「なんでソファーに横になるの?ソファーは座るものでしょ」
私 「・・・。」
そうか!ルームウェア不要派の人はそもそも服がしわになるようなことをしないんだ、と。
私は家の中でダラッとしたいから、しわになって困る服は着たくないけど、世の中の人は家の中でダラッとしないのですね。
ソファーでそのまま朝まで寝ちゃって手足が痛いとか、顔にソファーの跡がぴーと残っているとかないのですね?
私と同じく、グータラ族の人にはルームウェアは必要ですが、きちんと派の人にとっては不要なのだということに、ようやく気づきました。

☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します



フランス人は10着しか服を持たない

f

前から気になっていた、ベストセラーになっている「フランス人は10着しか服を持たない」を、遅ればせながら読みました。

自分の予算の範囲内で買える最高のものを買って、余分な物は増やさない。
自分に似合う最高のものを着て、自分らしさを活かそう。
物を増やすことに喜びを感じるのではなく、日々の生活に喜びを見出して素敵な生活をおくろう。
という趣旨のことが書かれてあります。

必要な物だけそろったスッキリとした生活は、私の憧れです。
シンプルな部屋が好きで、ホテルのような部屋が理想。
そう心がけてはいるのですが・・・。
この本を読んで、反省する点が大いにありました。

もともと片付いている部屋が好きなので、散らかっていることはほぼないです。
買ったら捨てるを実行しているので、物があふれているといったこともありません。
自分でもスッキリとしたシンプルな部屋だと思っていますが、クローゼットだけは別物。
着ない服は定期的に捨てているので、無駄なものが入っているということではないのですが、一向に減らないのです。
10着になるまでには、まだまだ道のりが遠いです・・・。


☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します

今年も一つ年をとりました

2016062017040000.jpg

いつぐらいからか、誕生日を迎えても全然嬉しくなくなってきましたが、先日、また一つ年をとりました。

年をとるのが嫌なわけではありませんが、
果たして、自分はその年齢に見合うだけの大人になっているのだろうか
子供のころの自分が今の自分を見たら、どう思うだろうか
がっかりするかな、とか。
頑張ってきたつもりだけど、独立開業したときより、成長できているのだろうか、とか。
色々考えると素直に喜べない気持ちになるのです。

仕事が楽しくて大好きで、充実した日々を皆様のおかげでおくれている一方で、
精神年齢が20歳くらいのときで止まっている感じがして、
お客様から依頼をいただいて働いている自分が、何だか変な感じがするときがあります。
こんなに頼りない自分が働いているだなんて・・・みたいな。
自分のダメさ加減って自分が一番分かっているじゃないですか。
だから、客観的にふと自分を見た時に、働けている現実に対してすごく不思議な気持ちになるのです。

でも、今年は初めて単独出版で、相続登記の本を出せたので、一つステップアップできたのだと思います。
しかも、誕生日の2日後が発売日。
これも何かの縁でしょうか。



☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します

糖質制限ダイエットをしてみました

私、今までダイエットってしたことがなかったのですが、初めてちゃんとしたダイエットに取り組みました。

きっかけは、昨年の秋ごろの健康診断の血液検査で脂質に問題があって、再検査になったため。
これまで、全部Aだったのに・・・。
再検査で行った病院で、太ったお医者さん(男)に、
「ダイエットしたことある? ダメだよ~。ダイエットしなきゃ。脂質下がらないよ?」
と当たり前のことを言われ、色々つっこみたいことはあったけど、真面目にダイエットに向き合う羽目になったのです。

私、実は独立開業してから、ブクブクと太り続け、気づくと10kg以上太っていました・・・。
ストレスからか、朝昼晩とたくさん食べたうえに、寝る前にポテトチップス一袋を食べるという、明らかにカロリー過多の食生活を送っていました。
「太ったんじゃない? 儲けてるからいいものばっかり食べてるんでしょ?」とか嫌味を言われながらも、
いや、そんなことはない、自分は標準体重だ、前が痩せすぎてたんだ、今は普通。だって、着れる服があるもの。
と現実逃避していました。
ですが、ついに着れる服が限られてきてしまい、あんなに大好きだったショッピングを楽しめなくなってきました。
鏡を見るのも嫌だし、デブな自分を受け入れることがつらく、かといって食べることを止められず。
鬱々とした日を送っていたのですが、そんな私に救いの手が。
そうです、流行の糖質制限ダイエットです。
糖質さえ制限すれば、食べる量を我慢しなくてもいいという素晴らしいダイエット。

これなら私でも始められるかも、と緩やかにではありますが、ダイエットにチャレンジしたのです。
三食完全に糖質オフは無理なので、本当にゆる~くですが。
朝は元からフルーツとヨーグルトだけだったので、夜だけ炭水化物をとらないようにしました。
昼はしっかり食事をとりますが、可能であれば炭水化物は避けました。
そんな生活を1か月続けたあたりから、スルスルと体重が落ちていきました。
最初の2~3週間は0.5kgの増減しかないので、心が折れそうになりましたけど、
続けていたらある時を境に突然体重が落ちていくんです。
それが励みになり、現在もなんとかキープできています。
前ほど厳しくはしていませんので、大好きなパスタも食べますし、お菓子もたまに食べます。
もちろん食べ過ぎたら次の日は軽くするなど、調整は必要です。
でも、全然無理なく続けられています。

食欲って一番簡単に満たされる欲なので、常に口に何かを入れていないとおかしくなりそうだったのですが、
ダイエット生活に慣れてから、不思議と量を食べなくても平気になってきました。
あんなに買いまくっていたポテトチップスからも卒業しましたし、
ご飯を毎日食べなきゃ死んじゃう!くらいに思っていましたが、ご飯を口にしなくても平気になりました。
自炊の楽しさに目覚め、買ったものよりも自分で作ったものの方が美味しく感じるようになりました。
以前よりも食事が美味しく、楽しくなってきました。

そして、ようやく着れる服も増え、おしゃれを楽しめるようになりました。
スーツやシャツも無理なく着れるようになりましたし(前はパツンパツンだった)、
パンツもはけるようになりました(前はおなかのぜい肉が邪魔をしていた)。
着る服の幅が広がり、仕事に何を着ていこうかな~と毎日選ぶのが楽しくなりました。

改めて、食生活って大事なんだな、と実感しています。

ダイエットして着たい服を着れる日々と、
好きな服は着れないけど好きなものを好きなだけ食べる日々と、
どちらが幸せなんだろうと今でも時々考えることもありますが、
今の自分の方が好きなので、今後もダイエットを続けていきたいと思っています。
ということで、忘れないように、何年後かの自分に向けてブログに書いておきたいと思って、記した次第です。


☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します

息抜きに芦ノ湖に行ってきました

367.jpg     366.jpg

現在、芦ノ湖に面したカフェにいます。

少し落ち着いたので、息抜きにプチ旅行をしています。
といっても、仕事を持ち込んでいるので、観光は無しです。
芦ノ湖を見るのもカフェのテラスから見ていただけ、という・・・。

自営業の性なのか、休みの日でも完全に仕事を切り離すことができません。
ただ、家と事務所の往復だけだとストレスがたまるため、落ち着いたときには近隣のホテルやちょっと遠方に出かけて、そこで仕事をすることにしています。
PCさえあればできる仕事もありますから。
あと、普段はゆっくり読むことができずたまっていた本を何冊か持ち込んで読んだり、ホームページやブログの整理をしたりとか。

まとまった時間が取れないときは、都内のカフェやホテルのラウンジで行うことも。
完全な休みをとらない代わりに、ちょっとしたリフレッシュになるように環境を変えることにしています。
結局仕事をするなら何も変わらないのでは、と思う方もいらっしゃると思いますが、環境が変わるってとても大きいんです。
いつもと違った場所で行うことで、頭がリラックスしているからか、普段思いつかないアイディアが出てきたり、仕事のスタイルを見直す良い機会になるのです。

よって、私のプチ旅行はほぼ室内にこもりっきりなので、ホテル選びは非常に重要になります。
PC作業できる机があること(意外に十分なスペースがない場合が多い)、
大浴場・温泉があること、
少し遠方にあること、
気分転換できるカフェやスパがあること、
食事が美味しいこと。
非日常感が味わえて、適度にリラックスできて、仕事にも集中できる。これが大事です。

遊びだけの旅行もしてみたいですけど、独立開業してからは片手でおさまるくらいしか行ってないです。
自営業って不自由業なのかも・・・と思う今日この頃です。



☆★本を出版しました★☆
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本」
ソーテック社 1,706円(税込)
相続登記のしかたがよくわかる本
※タイトルをクリックするとアマゾン購入ページに移動します

ご案内

プロフィール

kouko

Author:kouko
昭和54年6月生まれ。愛媛県松山市出身。
松山東高校卒業後、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
平成18年に司法書士試験合格、平成19年7月25日独立開業。
資格を取って開業したいと思って、司法書士を目指し、最初から最後までお客様と関わりたいと思って、独立をしました。
何より嬉しいのは、お客様の不安を少しでも取り除いて、最後にありがとうと言われたとき。
日々落ち込んだり、悩んだりもしますが、司法書士の仕事を楽しくやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック